細かい動きは各サクラの判断に委ねられています

サクラの人達でも、最も質が悪いタイプのお話をしましょう。
サクラは業者に雇われていますので基本的にあまり勝手な振る舞いはできず、だいたい業者のマニュアルに則ったメールを送ってきます。とはいえ、ある程度の判断は任されていて、細かい動きは各サクラの判断に委ねられています。

しかし、業者とチームワークを組んで活動するサクラもいるのです。メールの段階から業者へ逐一報告を入れる場合もありますが、一番多いのは実際に男性と会おうという段階になってからチームワークを組むケースです。

サクラはポイントを使わせるのが目的なので実際に不倫することはないと前に申しましたが、このタイプのサクラは会ってくれるのです。待ち合わせ場所には業者のスタッフが先についてて、遠くの見つからない場所から男性を見張っています。余程危なそうな男性じゃない限り、そのサクラに会わせてあげるのです。

サクラの女性はマニュアル通りにその後のおつきあいを丁重にお断りします。男性は断られるのは自分のルックスに原因があると一人で納得して引き下がりますが、とりあえず女性と会う事だけはできたと満足して帰ります。男性はおそらくサクラと気づいてないでしょう。

もっともこのやり方はかなりリスクを伴いますので、頻繁には行えないでしょう。が、サクラは会ってくれないという定説を逆手にとって、あまりメールを長引かせて逃げられる前に一度会ってあげれば、その後も諦めきれない男性をまたしばらくメールで引っ張れるというメリットが業者にはあるのです。